高所作業での安全性の確保について

「高所」という言葉だけで、高所恐怖症の人は一歩引いてしまいますが
建設事業場では、あらゆる場所に高所作業が存在します。

日本人の成年男子の目線の高さは、約1.5mで、目線を基準に上を見るので
高さ2mの作業床にのっておこなう作業が、高所作業であるとの認識がない場合も多くあります。



墜落、転落による死亡災害は、全産業で毎年労働災害のワーストを占め
また、休業4日以上の死傷者数でも、転倒に次いで第2位となっています。
特に作業床の高さが、目線1.5m以上から墜落するときは、重篤な障害となる危険性がありますので
じゅうぶんに注意をしなければなりません。

労働安全衛生規則の第518条では、高さ2メートル以上の箇所でおこなう作業を
「高所作業」と定められていて、危険性と安全性が具体的に示されています。



【不安全な状態・行動】
・作業台の作業床は、床面から2mになっている
・作業台が底盤上で滑動して、作業者が床面に落ちる危険性がある
・安全帯をかける設備がない
・高所作業になるとの認識がないので、保護帽、安全帯を着用しない
・安全帯を着用しない


【安全な状態・行動】
・手すり付き作業台を配置する
・定盤上の作業台を固定する
・定盤上に高さ2メートル以上の水平親綱ワイヤーロープ、または支柱を設置する
・は^ネス型安全帯のフックを支柱などに掛けて作業する


埼玉県にある「有限会社 河瀬塾」では、安全を十分配慮しながらスピーディーかつ丁寧に工事作業に取り組んでおります。

お問い合わせはこちらから

会社情報

■埼玉・坂戸営業所
〒350-0206
埼玉県坂戸市中小坂87-1

tel: 049-298-8875

■沖縄営業所
〒901-0223
沖縄県豊見城市翁長846-2

tel: 098-851-8986

■事業地域

埼玉県全域、東京都内、沖縄県

安心で安全な仮設足場工事の

河瀬塾にお任せ下さい!

営業時間 8:00~20:00

埼玉県知事許可

(般-22)第64871号

お問い合わせ

  • 外壁のお化粧しませんか?
ページトップへ戻る