鳶職人の仕事 ~チームワークと体力が重要~

建設現場の高所で足場を組んだり、鉄骨を運んだりする。
最初に現場入りして最後に現場を去る仕事。それが鳶職人の仕事です。

「建設は鳶に始まり、鳶に終わる」といわれ、
建設現場には欠かせない職人です。

江戸時代には、江戸城を中心とした大江戸を築き上げた
「大工・鳶・左官」は
華の三職といわれて人気を集めるほどでした。

現在では、建設現場の工事業種の多様化にともなって、
鳶職も細分化してきている面があります。

「足場鳶」は建設現場で各種工事がスムーズに進むために
足場の組立て設置をし、解体します。

「鉄骨鳶」は、建築物の柱や梁などに使う鉄骨資材などを
クレーンを使いながら吊り上げて組み立ててゆきます。

「重量鳶」は、橋梁の建設現場で主桁架設をおこなったり、
重量物の据付工事をおこないます。

鳶職人は、このようにいくつかの工種に分かれますが、
全般的に高所での作業が多く、
他の職人や鳶職人とのチームになって作業をすることが多くあります。

チームワークは最も大切なポイントで、
重い資材を運び際には、体力も求められます。

鳶職人が使う道具は、次のようなものです。

①シノ付きラチェットレンチ
 資材同士を結合するボルトを締めるための道具です。
 先端には鉄骨の穴を合わせたり、番線をしめるための「シノ」が付いています。

②ハンマー
 資材の結合部にくさびを売ったり、緊結部をたたき込むときに使います。

③スケール
 金属製のメジャーで、足場を組み立てるときに使用します。
 一般的なスケールは3メートルものもが多いのですが
 鳶職人が使うものは、足場3本分にあたる5メートル以上のものが多いです。

鳶職は、建設会社や土木会社に入社して、仕事に就くのが一般的で、
そこで先輩の仕事を手伝いながら現場をこなしてゆくことで、
スキルアップして一人前の職人になっていきます。

経験を積んで、職人を束ねる立場の「職長」や「親方」になると
独立して自分で会社を興し、社長になる鳶職人も多くいます。

建設現場ですべての作業をするための土台は、
足場を組むことにあります。
他の工事の職人さんから「作業しやすい足場だよ」といってもらえるのは
やりがいと喜びを感じられる場面でもあります。

ただし、高所での作業も多く、
些細なミスは重大な事故につながるために
常に気が抜けない仕事でもあります。

「有限会社 河瀬塾」では、
足場仮設工事、外壁塗装工事などの業務に携わる
新しいスタッフを募集しております!

学歴・年齢・性別は問いません。
未経験でも大丈夫です。
建築工事に関心がある方は
ぜひ一度お問い合わせください!



お問い合わせはこちらから

会社情報

■埼玉・坂戸営業所
〒350-0206
埼玉県坂戸市中小坂87-1

tel: 049-298-8875

■沖縄営業所
〒901-0223
沖縄県豊見城市翁長846-2

tel: 098-851-8986

■事業地域

埼玉県全域、東京都内、沖縄県

安心で安全な仮設足場工事の

河瀬塾にお任せ下さい!

営業時間 8:00~20:00

埼玉県知事許可

(般-22)第64871号

お問い合わせ

  • 外壁のお化粧しませんか?
ページトップへ戻る